顧客に製品を買ってもらうには顧客がたどる道筋を捉えて適切にコミュニケーションすることが大切

販売側の理想としては、人々が製品を買うまでの道筋は「製品を見て、買って、使用する」という一直線であって欲しいもの。しかし、現実の顧客は途中で立ち止まったり、探索したり、議論したりと迷走しがちです。販売者はこの全てのタイミングにおいて適切にアプローチを行い、自社の製品を選ぶべきだと顧客に確信させなければなりません。

続きを読む…

Source: GIGAZINE

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク