「プーチン大統領はヒトラーのように2018年のサッカーW杯を利用する」とイギリスの政治家が批判発言

4年ごとにサッカーナショナルチームの世界王者を決めるFIFAワールドカップの2018年大会は、6月14日から7月15日にかけてロシアで開催されます。この大会について、元スパイの暗殺未遂疑惑でロシアと激しい火花を散らしているイギリスでは政治家が「ヒトラーがオリンピックを利用したように、プーチン大統領はワールドカップを利用しようとしている」という見方を示し、さらに外交政策を担当するボリス・ジョンソン外相が「その見方は正しい」と意見を表明する事態に至っています。

続きを読む…

Source: GIGAZINE

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク