鎮痛剤「オピオイド」の過剰投与による薬害問題の背景には製薬会社から医師への利益供与があった

強い鎮痛作用がある鎮痛剤「オピオイド」が本来は必要のない患者にも処方されたことで、多くの人が中毒症状に陥っていることがアメリカでは大きな問題となっています。過剰投与を含むオピオイドの乱用による死者の急増についてはドナルド・トランプ大統領も「オピオイド危機」として公衆衛生上の非常事態を宣言しているほどなのですが、その背景にはオピオイドを処方した医師に対する製薬会社からの多額のリベートが存在していることが、CNNとハーバード大学による調査から浮き彫りになっています。

続きを読む…

Source: GIGAZINE

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク