日本食って意外と歴史浅いよな

1: 名無しさん@おーぷん 2019/01/03(木)23:00:21 ID:NEH
茶(抹茶) → 400年ちょい 戦国時代に茶道がブームに
茶(煎茶) → 250年ぐらい 庶民が飲み始めるのは吉宗の時代から
大福 → 250年ぐらい 砂糖が量産化されるのは吉宗の時代から
湯豆腐 → 300年前ぐらい 豆腐百珍が初出
味噌汁 → 200年前ぐらい 味噌の量産化は近代になってから
和菓子 → 150年前くらい 砂糖の量産化されてしばらくは草餅や桜餅が主流だった
おでん → 200年前 田楽から発展
天婦羅 → 400年前ぐらい 家康が食べたのが初? 
寿司 → 現在のシャリとネタを一緒に食べるのは300年前ぐらい(それより前は酢飯は食べなかった)
ラーメン → 北海道大学の学生が食べ始めたのが最初
カレーライス → 100年前 北海道大学の学生が食べ始めたの最初
ハンバーグ → 80年前 大正ぐらいに入ってきた
カップ麺 → 50年前 日清食品が開発
レトルトカレー → 60年前 大塚化学が開発

日本酒(清酒) → 400年前 山中鹿之助の息子が開発。それより前は濁っていた
no title


続きを読む

Source: 哲学ニュースnwk

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク