写真や絵画の人物が飛び出し動き出す、ワシントン大学で研究している技術が面白い

写真や絵画の人物が飛び出し動き出す、ワシントン大学で研究している技術が面白い
写真の中の人物や、絵画の中の人物を抽出し、3Dデータ上のモデルと結合させて、元の背景の中に戻す。

これをAR(拡張現実)映像に落とし込むと、写真や絵画の人物が飛び出してくるという、ワシントン大学で研究されている面白い技術。

ちょっと左右から見ても、飛び出した人物が違和感なくて凄いね。

【関連】
2秒後の未来が分かる予知眼を実現させた拡張現実
これは面白い!拡張現実で実現させた、a-ha「テイク・オン・ミー」のPVの世界
拡張現実を利用してスーパーで買い物する技術が最高に未来っぽくて格好いい
拡張現実ゲームの紹介映像かと思ったら……!?近未来のひとつの形を描いたショートフィルム Strange Beasts

Source: 小太郎ぶろぐ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク