恐怖!ユタ州のヒマワリがとんでもないサイズだと話題に


夏もそろそろ終わり、空きの足音が近づいてまいりました。涼しい風、虫の声、そして秋の味覚。もうこれから秋まっしぐら。と行きたいところではありますが、その前に最後の最後の夏を感じてみたいとおもいませんでしょうか。ということで今回はそんな夏を感じるこちらの植物をご覧ください。そう夏といえばこちらのヒマワリです。

ヒマワリといえば


ヒマワリと言えば、1メートル近いキク科の植物であり、夏になると太陽の光をいっぱい浴びて育つというイメージがあります。従って人間と比べそこまで大きなものではない印象です。しかしアメリカユタ州にあるヒマワリはとんでもないサイズになっているのだということです。それは人間の大きさを遥かに凌駕しているというのです。

ということでご覧ください。これがユタ州のヒマワリです。


おそらく人間と比べ2メートル以上あるだろうか、という印象のある巨大ヒマワリ。実はヒマワリは大きいもので3メートル近いサイズまで育つのだということです。

とは言え、日本ではなかなかここまでのサイズのものは見かけませんが「巨大ヒマワリ」というタネは日本でも一般的に売られておりますので、それを丁寧に育てれば3m超えも行けるのかもしれませんね。

思わず二度見する写真も恐ろしかったわけですが
リアルなヒマワリの実態は非常に不気味なものがあります。

My aunts sunflower garden in Utah! from pics

https://embed.redditmedia.com/widgets/platform.js

Source: 秒刊SUNDAY | 面白いネットニュースサイト

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク