堂珍嘉邦のイケメン全盛期を比較画像! 神と言えるレベルで美しさの卒倒!

CHEMISTRYの堂珍嘉邦のイケメンぶりは、
誰が見ても認められるもの。

どれだけのイケメンなのかを、
色々と調査しましたので、見ていきましょう。

スポンサーリンク
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

スポンサーリンク




【堂珍嘉邦のイケメン全盛期の比較画像!】

まずはどれだけイケメンなのかを、
画像から見ていきましょう。

https://platform.twitter.com/widgets.js

マッシュルームカットですが、
なぜか神々しい光を感じさせます。

https://platform.twitter.com/widgets.js

学生の時からすでにイケメンぶりが発揮されていたのかも。

https://platform.twitter.com/widgets.js

マッシュルームが伸びると、
こんな感じで無造作ですが、
やっぱりかっこいいですね。

https://platform.twitter.com/widgets.js

個人的にはパーマ姿が一番似合っていると思いますが、
雰囲気がありますね。

https://platform.twitter.com/widgets.js

このヘアースタイルの時って、
ある意味、無敵な感じを受けるのは私だけでしょうか。

これで女性に迫ったら、イチコロでしょうね。

https://platform.twitter.com/widgets.js

毛先パーマでふんわり感を出して、
清潔感を感じますね。

https://platform.twitter.com/widgets.js

パーマのようで、無造作ヘアも、
またいいですね。

どれを見てもカッコよさが光っているとしか言えないですね。
これで歌がうまいというのですから、
勝てる男性がいないのではないでしょうか。

スポンサーリンク
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

【堂珍嘉邦のイケメンすぎる理由とは】

2012年4月7日、「CHEMISTRY TOUR 2012 –Trinity-」の
最終公演でソロ活動に専念する事を発表後、
ソロ活動をされていました。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

歌だけではなく、
演劇や映画に出演をして、
一人で出演することが多くなり、
よりイケメンぶりを発揮することになりました。

まるで俳優として活動しても、
良いのかもしれません。

それによって歌だけではない魅力が各方面に発揮して、
よりイケメンぶりに磨きがかかったのではないかと思われます。

スポンサーリンク
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

【堂珍嘉邦さんのプロフィール】

出生名:堂珍嘉邦
誕生日:1978年11月17日(39歳)
出身:広島県安芸高田市(旧八千代町)
ジャンル:
アンビエント
シューゲイザー
インダストリアル・ロック
オルタナティヴ・ロック
ポップス
職業:ミュージシャン、俳優
担当楽器:ヴォーカル、ギター
活動期間 2001年 - 現在
レーベル デフスターレコーズ
(2001年 – 2012年)
キノ・ミュージック
(2012年 – )
事務所 ソニー・ミュージックアーティスツ
(2001年 – 2012年)
キノシタ・マネージメント
(2012年 – )

広島県民らしく、
やはり広島カープファンということで、
こんなお仕事もされています。

https://platform.twitter.com/widgets.js

こういうところを見ると、
とても熱い男を感じますね。

見た目はとてもクールな感じですが、
実は熱狂的な人なのでしょう。

ちょっと野球観戦をされているところを見てみたいですね。

スポンサーリンク
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

【まとめ】

CHEMISTRYの堂珍嘉邦のイケメンぶりをまとめてみました。
やはりというか、
天は二物を与えてしまったようで、
これからの活躍をとても楽しみしています。

スポンサーリンク
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

Source: Reset Life Style

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする