木口光子 顔画像アリ Facebook調査 現場はドコ? 笠原直純さん殺人事件 元交際相手を殺害




元交際相手を殺害したとして、警視庁西新井署は15日、殺人の疑いで会社員、木口光子容疑者を逮捕しました。
どうやら交際中の借金についてのトラブルだったようです。
その詳細をみていきましょう。

スポンサーリンク




【木口光子容疑者のプロフィール】

名前:木口光子
年齢:22歳
住所:東京都足立区島根
職業:会社員

顔画像やそれ以外の情報を調査するために、
FacebookやTwitterにてお調べしたのですが、
本人と思われるアカウントを特定することができませんでした。

引き続き調査をして、何か判明しましたら、
こちらに追記をさせていただきます。

追記;顔画像が公開されました。
報道にて顔画像が公開されました。

パッと見た感じ、いきなりそんな犯罪をするようには全く見えない人です。
それでもそこまで思い詰めるということを考えると、
相当怖い考えを持っているのかもしれませんね。

【現場はココ】

報道により、
・「東京都足立区島根」
と公開されていましたので、
その情報を元に解析を開始しました。

そこで以下の場所がヒットしました。

現在、現場を調査中につき、判明次第、こちらに追記をさせていただきます。
判明するまでしばらくお待ちください。

【事件の経緯について】

逮捕容疑は13日から14日の間、同区島根のアパートの一室で元交際相手の職業不詳、笠原直純さん(22)の首の付け根を包丁で刺し殺害したとしている。木口容疑者は笠原さんとの間で金銭トラブルがあったと話しているという。

木口容疑者は9日、自殺を図った後、13日から行方不明になった。捜査員が14日、アパートを訪れ、笠原さんを発見。まもなく死亡が確認された。木口容疑者もそばに倒れ、手首に自ら切ったとみられる傷があった。
(引用元:産経新聞)

警察官が、ソファベッドに横たわる2人を発見し、笠原さんは死亡が確認され、木口容疑者は、手首に切り傷があったという
(引用元:FNN)

相手を殺害してから一緒に死のうとしていたようです。
どのような経緯があったかはこれからの捜査によって明らかにされると思われますが、
幾ら何でも相手を殺害するまでしなくても良いと思うのですが。

お金を返すか返さないかの話がエスカレートして、
最終的には犯行に及んでしまったということでもないようです。

調べに対し、木口容疑者は「元交際相手を自宅から持ってきた包丁で殺したことに間違いない」と容疑を認めていて、警視庁は、くわしい経緯を調べている。
(引用元:JNN)

あらかじめ用意した包丁を自宅から持参したということなので、
犯行を計画的に行ったということが自供されています。

そこまでに至る経緯はなんだったのか?
今後も新しい情報が出てきましたら、
追記いたしますので、またお越しくださいませ。

【ネットの声】

彼氏に金を借りてるんじゃなく貸してたのかね
貸したらあげたと思うほうがいい
その前に金の貸し借りはしないほうがいい

若いのに殺っちまったなぁ

男が悪いと思うが、殺人はいけない。
警察につき出すとかに至らなかったのが残念。

綺麗に別れないと色々トラブル起きやすい。

元カレにも問題があったと思われる。若い女性に殺されてしまう、相応の理由があるのだろう。だからと言って、殺人は許されませんが…。

ちょっと時系列がよくわかりませんが。

怖い。。。

要は道連れにしようとしたわけだね。
金銭トラブルって言うぐらいだから男も金にだらしがなかったのでしょう。
双方問題児ってことでよろしいでしょうか?

刃物で襲われたら45ど騎馬立ち下段払い逆突き猿臂裏拳顎打ち。

名前が色々と突っ込みどころ満載

交際相手なんてまだまだ見つかる年齢。
一時の感情で人生を棒に振ったな。

貸した金を結局返してもらえなかった、交際していた時の不満があった、だから首を刺して殺した。でも自分は手首?自分も首を切ればよかったんじゃないの?22歳で一生を棒に振る気持ちは満足か?親を悲しませるのは楽しいか?

22才 光子。年齢間違いだと思った。

男はどうしても女に対して無防備になるわなぁ。でも酷い女遊びや酷い扱いする男もかなりいるからこういう事件が起きても不思議ではない。この女も悪いには悪いがこの男性も何も無かったわけじゃないんじゃないかなと思ってしまうが…

各地で、男が刺したり女が刺したりお盛んですなぁ。冷静に考えればこの先どうなるかわかるだろうに。残るのは後悔だけやで

こわいわ。殺すほど好きってある?

もし、中学生から大学生くらいの男の子がこれを読んでいたらしっかり覚えておきなさいよ。女はその気になったときには信じられないくらい思い切ったことをやるってことを。

Source: Reset Life Style

スポンサーリンク








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする