江戸時代に猫カフェがあったらこんな感じ? 浮世絵世界で猫と遊べる『江戸ねこ茶屋』が東京・両国にオープン!「ねこ遊郭」「ねこ湯」「ねこ長屋」など

あ~、猫ぉぉぉぉ。足りねぇぇぇ、人生に猫が足りねぇよぉぉぉぉ。事情があって猫が飼えない猫好きが、猫と遊べる癒しのスポットが猫カフェだ。ところで、あなたはこんなことを思ったことはないだろうか? 江戸時代に猫カフェがあったらどんな感じだろうか、と。思ったことないって? いいから思っとけ。

なんと近日、江戸の街並みや雰囲気を再現した世界で猫と遊べる『江戸ねこ茶屋』なる猫カフェがオープンするらしぞ! 長屋風の建物の中で、まるで江戸の街で生活しているかのような猫たちを、眺めたり、一緒に遊んだり、写真を撮ることができるんだとか。なにそれ! 天国でござるニャ!!

・江戸版猫カフェ

2018年6月15日から8月31日までの間、JR 両国駅西口イベント広場「両国駅広小路」で開催される『江戸ねこ茶屋』。「両国のとある江戸長屋の住民は全員が猫との噂。噂を聞きつけ全国から旅人が覗きにくる」というイベントコンセプトの時点ですでにカワイイ。住民が全員猫とか最高じゃないですか。

『江戸ねこ茶屋』の舞台となるのは、長屋をモチーフにしたという建物だ。浮世絵の画像データと立体造形を組み合わせることで、江戸の街並みと雰囲気が再現されているとのこと。そこに猫用の出入口や通り道、階段などが配置されるそうだぞ。

・いちいちカワイイ

建物の中には「ねこ茶屋」「ねこ遊郭」「ねこ湯」「ねこ長屋」「ねこ広場」など、またしても名前の時点でカワイイ確定のゾーンがそれぞれ設けられている。我々迷い込んだ人間は、そこで猫様と写真を撮らせていただいたり、遊ばせていただいたりするわけだな。

・江戸の住ねこたち

ちなみに、『江戸ねこ茶屋』で暮らす猫の多くは保護猫。そのため新しい家族の元へ引っ越す場合があるし、里親の募集もいつでも受け付けるそうだ。人間だけでなく猫たちにとっても、ここが幸福な出会いの場所になることを願うばかりである。

・収益の一部は寄付

他にも「ねこ神社」ではおみくじを引くことができるほか、ここでしか買えないオリジナルグッズが揃っている。その収益金の一部は、保護猫問題解決のための活動支援金として寄付されるとのことだ。猫が好き、猫が足りない、なんなら猫になりたい。そんな人は絶対に行くべきニャ!

・今回ご紹介したイベントの詳細データ

イベント名 特別企画「江戸ねこ茶屋」
開催場所 JR 両国駅西口イベント広場「両国駅広小路」
期間 2018年6月15日~2018年8月31日
時間 11:00~20:00

参照元:江戸ねこ茶屋
執筆:あひるねこ


Source: ロケットニュース24

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク